プロフィール

渕香織

渕香織(ふちかおり)

渕香織タックスアンドコンサルティング代表

経歴
外資系航空会社勤務経験を経て税理士に転向。都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務経験の後、2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。また独立行政法人中小企業基盤整備機構の海外販路開拓支援アドバイザーとして多くの中小企業の海外進出支援をしている。

渕香織タックスアンドコンサルティング KAORI FUCHI TAX AND CONSULTING Website

クライアントから届いた生の声をご紹介します

ディラン・ロバートソン/Dylan Robertson

  • 株式会社 Pure Enterprise CEO
    ディラン・ロバートソン 様より
  • 「渕香織さんは法人と個人の総合的なコンサルティングと、個々の事情に応じたアドバイスをしてくれます。」

お客さまの声はこちら

  • Dylan Robertson, CEO,
    Pure Enterprise Co., Ltd.
  • "She gave me personalized service with comprehensive consulting."

Client Testimonials

決算月が3〜7月の会社は、雇用促進税制適用するための書類提出期限は明日です!

こんばんは。税理士の渕香織です。

今日は、雇用促進税制のご案内をさせていただきます。

平成23年6月30日に公布された税制改正により、雇用を増やす企業を減税するなど税制上の優遇制度(雇用促進税制)が創設・拡充されました。 

どんな税制かというのを簡単にご説明します。

平成23年4月1日から平成26年3月31日までの間に開始する各事業年度で前期末から当期末の雇用者数が
中小企業の場合、2人以上かつ10%以上増加などの要件を満たしていれば
増加人数1人当たり20万円の税額控除
が受けられます。

事業年度開始後2ヶ月以内に「雇用促進計画」をハローワークに提出します。
ただし、今回は法案の成立が遅れたため、
平成23年4月1日から8月31日までの間に事業年度を開始した法人は、平成23年10月31日までに「雇用促進計画」を提出すればいいことになっています。

つまり、明日

決算月が3月〜7月の会社の中小企業さんは、当期がはじまってから終わる1年間に2人以上増員したら、税額控除適用の可能性があるので、もしかしたら増えるかも、、(あるいはすでに増えている)という方は、明日ハローワークに駆け込み書類を提出しておくことをお勧めします

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudouseisaku/koyousokushinzei.html

たとえば3人増加したら、60万円の税額控除ですよ!地方税にも影響があるので、効果はもっと大きくなります。

私のクライアントも、明日ハローワークに駆け込む方もいらっしゃいます。
もったいないことにならないようお知らせをさせていただきました。

今日は早めに夕食をとって近所のカフェで本を読もうと思ってます。リラックスできるひと時。

今日からはじまる新しい1週間も皆様にとって充実した日々でありますよに。



1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


中小企業の軽減税率について

今、セールの真っ盛りですね。皆様行かれましたか?私は今日渋谷の東急東横店でパンプスを買いました!嬉しくて早速オフィスで履いて歩いてみたら、足が痛くなるんです。もう履いたから返品できないし、困ってます。後でもう一度お店に行って皮を伸ばすとか何か方法がないか相談してみようかなあ。

さて、先の平成23年度税制改正においては、報道では法人の実行税率の引き下げに伴い、中小企業の軽減税率も引き下げられるといわれてましたが一体どうなったんでしょうか。

中小企業の軽減税率は18%の軽減税率がそのまま有効となります。本来、法人税法では、中小企業の税率は所得に応じて22%、30%と規定されていますが、21年度から軽減税率部分(22%)が18%に引き下げられているのが、そのまま延長となりました。ちなみにこれは時限措置として租税特別措置法42の3の2に書かれています。

 当初の税制改正案においては、中小法人軽減税率の本則を22%から19%へ引下げを行い、租税特別措置法で15%へ引き下げられる予定でしたが、措置法により18%へ引き下げという、時限措置の延長となりました。

 復興で多額の財源が必要な今、法人実効是率の引き下げは盛り込まれませんでしたが、これは仕方ないですよねー。

さて、今から靴やさんに行こうかしら。。



1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


IFRSについて会計士さんのご意見。

皆様、おはようございます。今日の東京の空はうすいグレーブルー。ちょっと元気がない色をしています。

さて、先週のふっちー日記「中小企業向けIFRS」について大手監査法人ご出身の会計士さんからご連絡いただきました。

 会計士さん:暫くは実態をよく知らない関係者が色々を煽って、IFRS関係の出版ラッシュが続きそうですね

 なるほど。本屋さんにIFRS関連の本がいっぱい並んでいるのをみると、IFRSのこと勉強した方がいいのかな、、って気になりますが、煽られている一面もあるのは否めませんねー。IFRSは勉強しなくてもいい!って確信しました(笑) 

またさすが会計士さんと思えるようなこともおっしゃっていました。

会計士さん:IFRSは、元々、IFRSは連結財務諸表の開示のみを目的として設定されているので、EUの中心的な国々(ドイツ、フランス等)も全て、個別決算は自国の会計基準で実施されているそうです。やはり日本と同じように確定決算を採用している国々は個別決算にまでIFRSを導入しないと思います。

確かにそうですね〜。OECD加盟国でも導入してないところ多いって聞きました。私がEYにいたとき、外資系企業でIFRSをいち早く導入しているところがありましたが、担当者も「導入メリットがわからない、本社から言われてやってるだけ」ってことでした。。。

わたしたち税理士はやはり税務の専門家として税法などの勉強をしっかりやっていかなきゃって改めて思いました。Big4にいたときはいつも新しい情報や知識に触れることができていたし、研修の機会もたくさんありましたが、独立した今は、アンテナをたて正しい情報を仕入れ、しっかりと勉強していき専門知識を高めていくことが必要だとひしひし感じます。


昨夜、歯の詰め物がとれてとても気持ち悪いんです。予約がとれたので今から歯医者さん行ってきます!

 今週も皆様にとってたくさんの恵みあふれる1週間になりますように!

1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


| 1/4PAGES | >>
page up