プロフィール

渕香織

渕香織(ふちかおり)

渕香織タックスアンドコンサルティング代表

経歴
外資系航空会社勤務経験を経て税理士に転向。都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務経験の後、2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。また独立行政法人中小企業基盤整備機構の海外販路開拓支援アドバイザーとして多くの中小企業の海外進出支援をしている。

渕香織タックスアンドコンサルティング KAORI FUCHI TAX AND CONSULTING Website

クライアントから届いた生の声をご紹介します

ディラン・ロバートソン/Dylan Robertson

  • 株式会社 Pure Enterprise CEO
    ディラン・ロバートソン 様より
  • 「渕香織さんは法人と個人の総合的なコンサルティングと、個々の事情に応じたアドバイスをしてくれます。」

お客さまの声はこちら

  • Dylan Robertson, CEO,
    Pure Enterprise Co., Ltd.
  • "She gave me personalized service with comprehensive consulting."

Client Testimonials

Branch? OR Subsidiary?

It is beautiful sunny day in Tokyo!

We have often been asked 

"what's kind of entities we should set up? 
Branch? Subsidiary?"

I heard most accountants recommend Japanese subsidiary
because it's tax treatment is easier than branch. When you set up Japanese branch, you have to follow ”foreign company's rule” which is sometimes
different from domestic company's rule.   

However, branch might be better choice depending on the situation.

For example, if the head company has lots of profits and Japanese new
entity should be expected negative earning for first several years, 
it might be better to choose "branch." 

When you make the head company's financial statement, 
you need to combine the head company's profit with 
the branch's negative earning. 

It can be reduce tax!

It is just one of example.

Please feel free to contact us if you need further information.

Thank you for reading.

KF
 

1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


EXPAT in Japan - エキスパット(外国人駐在員)の怒り

皆様、こんにちは。国際税務税理士の渕香織です。

オリンピック、毎日熱い戦いが繰り広げられていますね~。
いつもちょうど寝ようという時間におもしろそうな柔道の試合が
はじまったりするので、つい寝不足になりがちです
今週末は富士山に登るのでしっかり睡眠とっておかないと

外資系企業のお問い合わせを多くいただきます
ありがとうございます

最近、数社から立て続けに同じ質問をされました。
「本国からのエキスパット(駐在員)が社長になっています。
その社長が日本の税率の高さに怒っています。
なんとか社長が納得してくれるような方法は何かないでしょうか。」

多くの外資系企業のエキスパットの場合は、”グロスアップ”といって
最初から税額や社会保険料など控除される金額を加味した上で、
手取り金額を、会社と本人とで契約を行っています。

たとえば、給与100万、税額10万、社保10万だとすると、
差引80万が手取りになるというのが一般的な日本での考え方ですよね?
でも、エキスパットの場合は、Gross amount 800,000yen というような
手取り金額を記載した契約をすることが多いようです。

つまり、社保や税金もすべて会社が負担する、そうするとそれは給与課税
されるので、さらにまたその分給与を増やす。というややこしい計算をするのです。

しかし、グロスアップでなく、契約が給与支給額になっている場合は大変!
日本人だと、よくある会話ですが
「社会保険って高いよねー毎月10万円もひかれてる~
なんて友達や家族と言い合ったりして終わりですが、
外国の方は、「なぜなんだ!おかしいのではないか!」と訴えて来られる方が
多いと聞きます。大変なのはHR(人事)担当者。

そうならないように、グロス金額で契約をしておくのがいいなと思います。

また、国際税務という観点からいうと、エキスパットは居住者ではありますが
非永住者であることが多いので、外国で得た所得は日本へ送金しない限り
課税されません。そのあたりをきちんと説明を受けていないために
ご存じない外資系企業の方が多いので、もったいないな~と思います。

エキスパットの税務は複雑です。
法人の税務調査のときもエキスパットの所得税の調査も
同時に行われることが多いので、どうぞご注意くださいませ






1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


| 1/1PAGES |
page up