プロフィール

渕香織

渕香織(ふちかおり)

渕香織タックスアンドコンサルティング代表

経歴
外資系航空会社勤務経験を経て税理士に転向。都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務経験の後、2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。また独立行政法人中小企業基盤整備機構の海外販路開拓支援アドバイザーとして多くの中小企業の海外進出支援をしている。

渕香織タックスアンドコンサルティング KAORI FUCHI TAX AND CONSULTING Website

クライアントから届いた生の声をご紹介します

ディラン・ロバートソン/Dylan Robertson

  • 株式会社 Pure Enterprise CEO
    ディラン・ロバートソン 様より
  • 「渕香織さんは法人と個人の総合的なコンサルティングと、個々の事情に応じたアドバイスをしてくれます。」

お客さまの声はこちら

  • Dylan Robertson, CEO,
    Pure Enterprise Co., Ltd.
  • "She gave me personalized service with comprehensive consulting."

Client Testimonials

マンション管理組合の駐車場事業パート2

 こんばんは。税理士の渕香織です

今日はめずらしく2日連続投稿です
昨日「続きは明日」と書いたら、
ツイッターなどで「楽しみにしてます」とメッセージをいただいたので
嬉しくなって書いてます

さて、昨日は、マンション管理組合は、税務上”人格のない団体等”に該当するので
外部に駐車場を貸した時の税務の取扱いは、収益事業or非収益事業に区分されると
いうことを書きました。

それでは、どういう場合が収益事業になるのでしょうか?
次の3パターンのうちどれが収益事業か非収益事業かわかりますか

ケース1:募集は外部に対しても広く行い、外部使用の条件も区分所有者に対するものと同様の条件。

ケース2募集は外部に対しても広く行うが、区分所有者の使用希望がない場合にのみ外部使用を行う。

ケース3:積極的にC組合が外部使用を行おうとしたわけではなく、区分所有者の利用の妨げにならない範囲内で、ごく短期的に行う。

 

もう皆さんお分かりですね?(笑)


ケース1はすべてが収益事業。

ケース2は外部募集分のみが収益事業

ケース3はすべてが非収益事業。


国土交通省から国税庁へ質問をしたときの回答が

国税庁HPに詳しく記載されています。ご興味のある方はぜひご覧ください。


日経新聞には、空き物件、外部貸しのみ課税と書かれていましたが

それは上記でいうとケース2の場合のみの話ですので、

関係者の皆様はお気を付けください!

   
  皆様また来週



1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


マンション管理組合の駐車場事業について

こんばんは。税理士の渕香織です

昨日(3月24日)の日経夕刊の1面にちょっと興味のある記事が載っていました。

”マンションで駐車場事業”

駐車場付のマンションって多いですよね。でも、もしそのマンションの住民に車を持っていない人が多くて、マンションの資産である駐車場が空っぽだったらどうします?

最近、あるマンションのディベロッパーさんと話す機会があったのですが、最近は、そういう場合は外部(つまりマンションの住民以外の人)に駐車場を貸すことが多いようです。都心のマンションの場合結構引く手あまたになる場合もあるようです。

確かに、空っぽだと維持費だけかかってモッタイナイですものね。

そこで、税務的にはどう取り扱うのか?

国税庁が先月見解を公表しました。

まず、マンション管理組合というのは、ほとんどの場合
法人税法上、人格のない社団等に該当することが多いようです。

内国法人(人格のない社団等を含みます。)に対しては、
各事業年度の所得について法人税を課することとされており(法法3、5)、
このうち公益法人等及び人格のない社団等に対しては、
各事業年度の所得のうち収益事業から生じた所得以外の所得
(以下「非収益事業から生じた所得」といいます。)には
法人税を課さないこととされています(法法7)

したがって、マンション管理組合に対する法人税は、
収益事業から生じた所得にのみ課されることとなります。

ではどういう場合が収益事業になりどういう場合が非収益事業になるのか
それが一番大きなポイントですよね。

日経の見出しの”空き物件、外部貸しのみ課税”という表現は、誤解を招くと
思われます。

マンション管理組合が運営する駐車場はいったい収益事業なのか
それとも非収益事業なのかを解説しようと思いますが、
長くなったので続きは明日。。。

つづく。。









1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


日本でビジネスをはじめたい外国人必見!Any non-Japanese who want to set up KK in Japan!

こんばんは!税理士の渕香織です。 少し前になりますが、MIPRO(Manufactured Imports and Investment Promotion Organization 対日貿易投資交流促進協会)で、とても有益なガイドブックをいただいたので、ご紹介したいと思います。
 
“the Business Start-up guide book for foreign residents in Japan”
 (外国人が日本でビジネスをはじめるためのガイドブック)

今朝、このガイドブックをfacebook pageで紹介したのですが、知らない間に、twitterに流れていました。 こんな風に↓

Let me introduce the FREE brochure for those who want to set up a company in Japan. “the Business Start-up... http://fb.me/1flY3hCq5
 
なぜか、FB page ⇒ twitter の連携がされていたのです。不思議〜ショック
(どなたかなぜだか知ってたら教えてくださいまし!)

でも流れて結果オーライだったかも。というのは、twitter上に流れた上記のつぶやきが、少なくとも10人の方がリツイートしてくれていました。 でも中には「cannot download」ダウンロードできないって言ってきた方も。IT音痴の私はなぜダウンロードできないのかよくわかりませんが、もしダウンロードできなかったらメールでPDFファイルをお送りしますので、コメント欄に何か書いてください。

でも、ダウンロードされた方も、何か一言言ってもらえたらとっても嬉しいです!

それでは、おやすみなさい。 今日は0時までに寝ます!

1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


| 1/5PAGES | >>
page up