プロフィール

渕香織

渕香織(ふちかおり)

渕香織タックスアンドコンサルティング代表

経歴
外資系航空会社勤務経験を経て税理士に転向。都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務経験の後、2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。また独立行政法人中小企業基盤整備機構の海外販路開拓支援アドバイザーとして多くの中小企業の海外進出支援をしている。

渕香織タックスアンドコンサルティング KAORI FUCHI TAX AND CONSULTING Website

クライアントから届いた生の声をご紹介します

ディラン・ロバートソン/Dylan Robertson

  • 株式会社 Pure Enterprise CEO
    ディラン・ロバートソン 様より
  • 「渕香織さんは法人と個人の総合的なコンサルティングと、個々の事情に応じたアドバイスをしてくれます。」

お客さまの声はこちら

  • Dylan Robertson, CEO,
    Pure Enterprise Co., Ltd.
  • "She gave me personalized service with comprehensive consulting."

Client Testimonials

中小企業の移転価格と税務調査の重要課題

 こんばんは!国際税務税理士の渕香織です。

昨日、久しぶりにfacebookプロフィールを変えてみました。

自己紹介の文章で、私の仕事に対する思いや感謝の気持ちを書いてみました。
facebookをお使いの方は見てくださいね!



さて、最近、移転価格のご相談がちらほら増えてきました。
かつては、移転価格税制というと、
大企業だけのものという認識があったかと思います。

でもだんだんと中小企業であっても調査のときに
質問されるケースもじわじわ増えているようです。

先日も、知人の税理士から、今度税務調査に入られるけれども
移転価格について聞かれたらどうしようというSOSを発信されている
会社さんのお話を伺いました

先日、国税庁では、全国国税局課税部長会議という
なんだかながーい名前の会議を行ったようです。
そこで、税務調査の重要課題として下記のことがあげられたとのことです。

富裕層・無申告・国際化事案

なんだかどれも一体化しているような気がします。

たとえば、、

”富裕層が海外に隠し持っている資産が無申告になっている”

となれば、あっという間に3つともそろってしまいますね。

国外送金等調書等を活用して、国際的租税回避スキームにも対処したり
法の不備がある場合は法改正の要望もどんどん行っていくそうです。

日本政府としても、租税条約や協定の締結もどんどん増やしていますし
海外を使った脱税摘発により一層力を入れられるような気がします。

脱税するつもりがなくても、
正しく知識を持っておかないと大変なことになります。


さてさて、今からKatanaオフィスで夜ヨガです!
リフレッシュしてきます!!




1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


コメント
国際税務と聞くと税理士試験の勉強でしかお目にかからないのですが避けては通れない時代なのですね。
私が住んでる九州などはそういうことに対応できる会計事務所は少ないと思われます。
一方で九州はアジアにも近く取引している法人は多いのです。
会計事務所も税務署もそこまで詳しくないので今はいいのかも(何がいいのか?)しれませんが勉強すべきなんでしょうね。

いつも参考になっていて勉強になります。
  • かお
  • 2012/11/13 3:20 PM
かお様、コメントありがとうございます。またいつもブログを読んでいただき大変ありがとうございます。(最近なかなかアップできておりませんが。。)これからは中小企業でも国際取引が増えてくるので、ますます国際税務も重要になってくるのでしょうね。私どもも遠方から相談を受けることも多いです。何かお役にたてることがあればご連絡くださいませ!
  • 渕香織
  • 2012/11/28 10:07 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
page up