プロフィール

渕香織

渕香織(ふちかおり)

渕香織タックスアンドコンサルティング代表

経歴
外資系航空会社勤務経験を経て税理士に転向。都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務経験の後、2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。また独立行政法人中小企業基盤整備機構の海外販路開拓支援アドバイザーとして多くの中小企業の海外進出支援をしている。

渕香織タックスアンドコンサルティング KAORI FUCHI TAX AND CONSULTING Website

クライアントから届いた生の声をご紹介します

ディラン・ロバートソン/Dylan Robertson

  • 株式会社 Pure Enterprise CEO
    ディラン・ロバートソン 様より
  • 「渕香織さんは法人と個人の総合的なコンサルティングと、個々の事情に応じたアドバイスをしてくれます。」

お客さまの声はこちら

  • Dylan Robertson, CEO,
    Pure Enterprise Co., Ltd.
  • "She gave me personalized service with comprehensive consulting."

Client Testimonials

香港会社設立

皆さん、こんばんは!国際税務税理士の渕香織です。

よく「香港のセミナーをまたやってほしい」
「香港セミナーは次回いつありますか。」という
お問い合わせが入ります。

最近、通常業務に加えてDVD撮影やセミナー依頼など
いくつかいただいているため、年内は香港セミナーはありません。

でも、税務の個別相談はいつでも受け付けておりますので、
HPお問い合わせフォームからアポイントをとってくだされば
嬉しいです。(ご相談内容に応じて料金が変わってきます。
詳しくは業務内容のページをご覧ください。)

香港といえば、実は、来月香港に会社を設立します!!

社名も決まりました。

Orange Bridge Co., Ltd.

私のテーマカラーであるオレンジ(イエロー)、
それと日本と香港の懸け橋になりたいということでBridge
ごろ合わせもいい感じだったので、オレンジブリッジに決定しました。

業務内容は、主に日系企業を対象とした税務会計サービス提供です。

税務の事は本当に少しでも誤解があっては大変なことになります。

英語ができるといって現地会計士と直接やり取りされて
いたけど、大きな誤解を生じているケースもみたことはあります。
そのようなことにならないよう、しっかりと日本語で
間違いなくサービスを提供して安心をしていただきたいと思っています。

今回の会社設立は、蠅澆ん箱の大きなサポートのもとで
実現できました。

来月の香港出張の際にはまたレポートしようと思います。

それでは皆様今週も充実した一週間になりますように!

1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


コメント
ツイッターでフォローさせてもらっている者です。
香港ですか?すばらしいですね。おめでとうございます。
若いころに香港が好きで現在は会計事務所につとめてるので先生のような活動は本当にすごいと思います。
  • かお
  • 2012/10/30 10:37 AM
コメントありがとうございます!香港で日本語の通じて信頼できる会計事務所がないという声をよく聞くので、それなら私がつくってしまおうと思い踏み切りました。でも、多くの方の助けがあって実現できたと思っています。facebookもお使いであれば、ぜひfaceobook pageなども見てもらえたら嬉しいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
  • 渕香織
  • 2012/10/30 3:12 PM
mixiをきっかけにいつもブログを読んで勉強させていただいています!
香港法人設立おめでとうございます。
税金についてまだまだ勉強の途中なのですが、ヤフオクなどの売上ををペイパルHK経由で香港で受け取った場合、日本の所得になるのでしょうか?
クライアントでもないのに突然不躾な質問で申し訳ありません。
お教えいただければ幸いですm(_ _)m
  • トッキー
  • 2012/10/31 1:34 PM
トッキ―様、

ご質問いただいていたのことに今気づきました。お返事遅くなり申し訳ありません。その売上をあげる方が日本の居住者あるいは日本の内国法人であるなら、日本の所得になるかと思います。日本は基本的に全世界所得課税を採用していますので、そのようになってしまいます。

よろしくお願いします。
  • 渕香織
  • 2012/11/26 11:49 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
page up