プロフィール

渕香織

渕香織(ふちかおり)

渕香織タックスアンドコンサルティング代表

経歴
外資系航空会社勤務経験を経て税理士に転向。都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務経験の後、2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。また独立行政法人中小企業基盤整備機構の海外販路開拓支援アドバイザーとして多くの中小企業の海外進出支援をしている。

渕香織タックスアンドコンサルティング KAORI FUCHI TAX AND CONSULTING Website

クライアントから届いた生の声をご紹介します

ディラン・ロバートソン/Dylan Robertson

  • 株式会社 Pure Enterprise CEO
    ディラン・ロバートソン 様より
  • 「渕香織さんは法人と個人の総合的なコンサルティングと、個々の事情に応じたアドバイスをしてくれます。」

お客さまの声はこちら

  • Dylan Robertson, CEO,
    Pure Enterprise Co., Ltd.
  • "She gave me personalized service with comprehensive consulting."

Client Testimonials

中小企業の移転価格税制

こんにちは。国際税務♡税理士の渕香織です。

私のこのブログは同業者の方が多く読んでくださっているようです。
先日の税理士会で講演をさせていただいたときもそうですが、
「ブログ読んでます」とお声をかけてくださることはとても嬉しいです。


さて、昨今、国際税務といえば、まず「移転価格税制」といっても
過言ではないほど、移転価格についてよくご質問を受けます。

移転価格税制とは、海外の関連会社間取引での取引価格を、
不当に安くしたり高くしたりすることで、本来得るべき所得が、
他国の関連者に移転することを防ぐことを目的とする税制です。

日本では、租税特別措置法に移転価格税制についての条文があります。

誰もが聞いたことあるような大企業が移転価格でものすごい多額の課税が
行われたという新聞で大きく取り上げらたりすることが多かったので、
移転価格税制とは、大企業だけのものであり、中小企業には無縁の税制だと
思われている傾向がありました。

ところが、昨今は、中小企業でも税務調査のときに関連会社間取引について
聞かれることが増えています。

本格的な移転価格の調査までは入らないにしても、関連会社間取引のある会社は
調査が入ったときに、質問をされたときにこたえられるように準備をしておく
必要があると思います。いわゆるDocumentation化というものですね。

最近は、税理士の方からも移転価格について質問をしてこられる方が
増えたように思います。

大手税理士法人でも中小企業の移転価格を取り扱うことが増えたと
元同僚から聞きましたが、やはり高額なフィーを請求されることが
怖くてなかなか相談できないという話も聞きます。

そのような海外進出をされている中小企業をぜひサポートしていきたいと
考えています。

それでは皆様また来週!




1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
page up