プロフィール

渕香織

渕香織(ふちかおり)

渕香織タックスアンドコンサルティング代表

経歴
外資系航空会社勤務経験を経て税理士に転向。都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務経験の後、2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。また独立行政法人中小企業基盤整備機構の海外販路開拓支援アドバイザーとして多くの中小企業の海外進出支援をしている。

渕香織タックスアンドコンサルティング KAORI FUCHI TAX AND CONSULTING Website

クライアントから届いた生の声をご紹介します

ディラン・ロバートソン/Dylan Robertson

  • 株式会社 Pure Enterprise CEO
    ディラン・ロバートソン 様より
  • 「渕香織さんは法人と個人の総合的なコンサルティングと、個々の事情に応じたアドバイスをしてくれます。」

お客さまの声はこちら

  • Dylan Robertson, CEO,
    Pure Enterprise Co., Ltd.
  • "She gave me personalized service with comprehensive consulting."

Client Testimonials

中小企業の移転価格課税

 こんにちは。国際税務♡税理士の渕香織です。

先週、箱根の奥の方に行ってきました。夕食時にホテルの最上階から
見える富士山がとても美しく、また朝お風呂からみる富士山もうっとりだったのですが、
体調を崩してしまいました。。。箱根はとても涼しかったです。
「東京は暑い」ってニュースで報道していましたが、
東京に戻ると、あまりの暑さにびっくりです。。暑いのは強い私ですが
この暑さはとけそうです。

さて、今日の本題です。

移転価格を心配する声が最近よく聞かれます。
6月18日のブログ「ふっちー日記」にも書かせていただきましたように、
中小企業も移転価格課税を気にしなければいけないようになってきました。

移転価格の税務調査は、主に国税局内の専門チームにより行われます。
これまでは、新聞報道されるような大きな案件(取引金額数百億円以上)が
メインでした。

でも、大企業は、移転価格税制の重要性の認識が強くかなりコストをかけて
専門家の手を借りてAPA(事前確認制度)を利用したり、対策を練っているように
思われます。

したがって、近年の移転価格課税の対象は、大企業から中小企業へと
シフトしているようです。

6月のブログにも大手税理士法人でも中小企業の案件が増えてきている
と書きましたが、だいたい1億〜数十億円規模の取引の企業でも
ターゲットになることもあるようです。

ただ、移転価格もしっかりと対策をとっていれば、怖いものではありません。
心配や不安の種をなくすのが私たちの仕事です。

移転価格についてのご相談はどうぞお気軽に!


1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
page up