プロフィール

渕香織

渕香織(ふちかおり)

渕香織タックスアンドコンサルティング代表

経歴
外資系航空会社勤務経験を経て税理士に転向。都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務経験の後、2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。また独立行政法人中小企業基盤整備機構の海外販路開拓支援アドバイザーとして多くの中小企業の海外進出支援をしている。

渕香織タックスアンドコンサルティング KAORI FUCHI TAX AND CONSULTING Website

クライアントから届いた生の声をご紹介します

ディラン・ロバートソン/Dylan Robertson

  • 株式会社 Pure Enterprise CEO
    ディラン・ロバートソン 様より
  • 「渕香織さんは法人と個人の総合的なコンサルティングと、個々の事情に応じたアドバイスをしてくれます。」

お客さまの声はこちら

  • Dylan Robertson, CEO,
    Pure Enterprise Co., Ltd.
  • "She gave me personalized service with comprehensive consulting."

Client Testimonials

BEPSってなに?

  こんにちは。国際税務♡税理士の渕香織です。

昨日は、スタッフの一人が産休に入るために
みんなで青山のカジュアルフレンチに行きました。
長く一緒にお仕事をしてくれていた方なので、
なんだか感慨深かったです。

来月からまた一人仲間に加わり、
渕香織タックスアンドコンサルティング  のチームメンバーも5人になります。
士業をしている友人は、「精神的には一人の方がずっと楽」と言ってました。
確かに、一人で仕事をしてると気楽です。
でも、私は何よりチームがあることがすごくうれしいのです。
一緒の方向を向いて頑張っていける仲間とともに、
喜んだり困難を乗り越えたりできることはすごく励みになります。

さて、今日の本題に入ります。

BEPS[ベップス]って聞いたことありますか。
Base Erosion and Profit shiftingの略で、
日本語では「税源浸食と利益移転」といわれています。

最近、グーグルやアマゾン、スターバックス等がアイルランドなどをつかって
行う節税スキームが話題になっていますね。
つまり、決して脱税ではないし合法なんだけど
過度な節税(どこの国にも法人税を支払ってなかったりするケースも)と
いわれていますが、課税の公平性という観点からは
問題があるために、OECDがBEPSプロジェクトをはじめました。

BEPSを見直すには、各国の国内法だけでなく、
国際課税全体を見直す必要があります。
EYの元上司は、日本企業にはあまり影響がないだろうと言ってました。
確かにアグレッシブな節税スキームを組むのは外資系企業に多い気がします。。

財務省も、BEPSに関して談話を発表してます。

うちの外資系クライアントも影響がでてくるのでしょうか?!

それでは皆様また来週!次回は外国人の税務のお話をしたいと思います。


1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
page up