プロフィール

渕香織

渕香織(ふちかおり)

渕香織タックスアンドコンサルティング代表

経歴
外資系航空会社勤務経験を経て税理士に転向。都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務経験の後、2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。また独立行政法人中小企業基盤整備機構の海外販路開拓支援アドバイザーとして多くの中小企業の海外進出支援をしている。

渕香織タックスアンドコンサルティング KAORI FUCHI TAX AND CONSULTING Website

クライアントから届いた生の声をご紹介します

ディラン・ロバートソン/Dylan Robertson

  • 株式会社 Pure Enterprise CEO
    ディラン・ロバートソン 様より
  • 「渕香織さんは法人と個人の総合的なコンサルティングと、個々の事情に応じたアドバイスをしてくれます。」

お客さまの声はこちら

  • Dylan Robertson, CEO,
    Pure Enterprise Co., Ltd.
  • "She gave me personalized service with comprehensive consulting."

Client Testimonials

非永住者のストックオプションの取り扱い

 皆様、大変ご無沙汰しております!税理士の渕香織です。
気が付くと一か月以上も更新しておりませんでした。
おそらくブログはじめて初めてのことです。。。

前回のブログで募集をいたしました税務スタッフは
おかげさまで無事決まりました!

英語の使える税務経験者というのは
なかなか見つからなくて苦労しましたが、とても優秀な方に来ていただけて感謝です!
渕香織タックスアンドコンサルティングはますますパワーアップしましたので
今後ともよろしくお願いします。

さて、今日は非永住者のストックオプションの取り扱いについて
お話したいと思います。

アメリカの企業ではストックオプションは従業員のモチベーションアップのために
付与されることが多いと思います。

なかには、Restricted Stock Unit ("RSU") とよばれている付与された後に
一定の期間を経た後に権利行使できるという
日本にはないタイプのストックオプションもどきもありますが、
今日はストックオプションのお話です。

このブログでも何度もお話していますように
非永住者(Non-permanent Resident)というのは、居住者のうちに日本国籍を
持ってなくて過去10年以内に国内に住所または居所を有していた期間が5年以下の個人
のことをいいます。非永住者(Non-permanent Resident)は、国内源泉所得ならびに
国外源泉所得のうち国内で支払われたか国内に送金されたものについて
課税が行われます。

また、ストックオプションの付与時には課税関係は発生せずに、
権利行使の時価と権利行使価額の差額(つまり経済的利益)が給与課税されることは
税務の専門家の皆さんならご存じかと思います。

しかし、それが非永住者であれば、海外で付与されたストックオプションを日本に来てから(Expatとして日本で駐在している)権利行使する場合はどうなるのか?
という疑問が生じます。

その場合は権利付与から権利行使までの間に、国内と国外勤務に按分計算をして、国内源泉所得と国外源泉所得にわけます。国外源泉所得のうち課税が生じるのは、送金した部分のみということになります。

さあ明日から4連休ですね!
私もわくわくです。

では皆様充実したGWをお過ごしください!






1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
page up