プロフィール

渕香織

渕香織(ふちかおり)

渕香織タックスアンドコンサルティング代表

経歴
外資系航空会社勤務経験を経て税理士に転向。都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務経験の後、2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。また独立行政法人中小企業基盤整備機構の海外販路開拓支援アドバイザーとして多くの中小企業の海外進出支援をしている。

渕香織タックスアンドコンサルティング KAORI FUCHI TAX AND CONSULTING Website

クライアントから届いた生の声をご紹介します

ディラン・ロバートソン/Dylan Robertson

  • 株式会社 Pure Enterprise CEO
    ディラン・ロバートソン 様より
  • 「渕香織さんは法人と個人の総合的なコンサルティングと、個々の事情に応じたアドバイスをしてくれます。」

お客さまの声はこちら

  • Dylan Robertson, CEO,
    Pure Enterprise Co., Ltd.
  • "She gave me personalized service with comprehensive consulting."

Client Testimonials

パナマ文書について思うこと。

こんにちは、渕香織です。

先日、夫の実家である広島に行きました。
そこで、大学時代の友人に10年ぶりくらいに会いました。

友人「香織は税理士だったよね。今どんな仕事をしてるの?」
わたし「国際税務や英語を使った税務や会計の仕事を主にやってるよ。」
友人「タックスヘイブンとかそういうの?」

彼女は税務と全く無縁の世界にいる人です。
それなのに、タックスヘイブンという言葉がさらっと出てくるとは、
さすが、あの「パナマ文書」の影響ですよねー。

以前はタックスヘイブンなんていうと「タックスへブン?税金天国?」なんて
セミナー後に税理士さんからも聞かれたことがあるくらい、あまり知られてなかった言葉だと思います。

さて、パナマ文書については、テレビや新聞でたくさん報道がされてますね。
全体的に新聞の専門家のコメントはなるほどって思うことが結構あります。
でも、新聞記事やテレビの解説では、なんか違和感を感じることもあります。
そのあたりを次回に具体的にお話させていただきたいと思います。

それでは皆さんまた明日ー。

 

1日1回クリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

にほんブログ村


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
page up